読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会は暴力を、何処まで、受け入れるべきなのか

線引きだけの問題。誰が、どのように線を引くか。内戦で苦しむ人を救うために、飢えで苦しむ人を救うために、シリアと北朝鮮に侵攻してよいか。

基準を決められないのは判っちゃいるが、普遍的な判断基準があってもいいじゃん、という誘惑にはかられる。

中国はこういう所にあんまり口出さないよね。内政干渉に慎重というか、放っておく感じ。内政干渉され易いデリケートな問題を沢山抱えているから。

さて、珊瑚漁の漁船をどうしたものか。片っ端から臨検して、違反あれば拿捕、と出るのが良いのか。分かり易い駆け引きにも幾つか手札は必要だろう。見逃すのも一方。

現場には漁船だけでは無いだろう。取り締まりで揉めた状況を公表、非難した上で、次は尖閣諸島へ、というくらいは想定内。全部沈めるというのも考え方ではあるが。

果たして、沈黙してる人達はどう考えてるのだろう。こういう時、国内の、あの人たちもあんまり口出さないよね。