読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小沢一郎とゆかいな仲間たち

一度、小沢一郎という政治家に、首相をやらせてみたかった。一度くらい民主党に、というのと同じ位のノリではあるが。

何度かチャンスはあったハズなのに、なぜ前に出なかったのだろう。彼の日本という国に対する展望、デザイン感、目標達成に向けたルートマップ、どれもが角栄のコピーで古臭いままに腐ってしまった。そんな風に思える。

選挙に勝つこと、数で圧倒すること。大切ではあるが、そこだけに固執すれば、人間の非合理的な思考の前に敗れる。消費税導入は彼には信じられない下策だったろう。

今でも不思議なのは、民主党政権の初期、政府がバラバラに迷走を始めたとき、党側にいた彼は、何故修正を図らなかったのか? という点だ。出来なかったのか、心配していなかったのか。

 政党交付金のためにもがく姿は見苦しい。最後、往生際の悪さまで角栄のコピーで終わるのか。