読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能の脅威

ディープラーニング、なるメソッドがAI研究に文字通りブレイクスルーをもたらし、将来多くの人間の仕事がAIにとって変わられる、という記事を最近良く目にするようになった。

第五世代コンピューターの時代から何が変わったというのか。明文化されたルールの積み重ねが、より人間の情報処理に近い、ネットワークに潜在化した処理方式に変わるとして、さて、、、

本質は、コンピューターの過ちを人間が受け入れられるか、という点に行き着くように思う。ネットワークに深く潜在化すればする程、問題が発生した時、その原因が、その責任が分からなくなるだろう。不合理も人間の技であればこそ、そこに神の意志を見て諦めて来たものを、、、

自動運転の車が死亡事故を起こした時、誰の責任か分からない、という状況を人々は赦せるだろうか?