読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法と憲法解釈

日本の憲法には細かい事が書いてない。理念は掲げたので、後はよろしく。そこで、憲法解釈なるものが精緻に積み上げられ、憲法の意味する所はコレだ、という事を決める。決める、というか合意するというか、運用する。

細かい事が書いてない、と言いましたが、書いてあるんですよ、本当は。一切の戦力は、、、と書いてある。書いてあるけど都合が悪いし、現実に合わないし、前提条件達成されて無いし、滅ぼされたくも無いので、解釈を許してきた。

都合の悪い憲法と合わせて憲法解釈を一体で運用してきた。この一体運用を何処まで不可分のものとみなすか、今国会で議論されているのはそういう事だ。

政府は、チャラにして、新しい解釈に衣替えするぜ、と言っている訳で、、、

出発点で都合の良い解釈を許している時点で学者先生負けてるんじゃないの。