読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわゆる護憲派の敗北

うーむ、彼等は敗北するのであろう。彼等の云うところの、実質的改憲、に追い込まれた理由を良く考えないと、また負けるよ。曖昧な憲法と精緻に積み上げた憲法解釈。一体となって実効的運用を進めていた筈が、あっさり、解釈変えますと。与野党拮抗の時代なら有り得ないが、これも時代か。

そういう意味では、もうちっと憲法自体にハッキリと明文化しておけば良かったか。今からでも遅くない。改憲しよ〜ぜ。もう少し軍事力の行使に対する制限を厳し目に。

え? 改憲はイヤなの? なんで? とにかくイヤ? 

じゃあ、どうしたいんだよ。

そういう意味でも鳩山さんて、歴史に残る偉業を成し遂げたんだなあ。反省して欲しい。野党壊滅の引き金を引いたって意味で。