読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇は百済の子孫

著名な歴史学者が鬼籍に入って記事になっていましたが、アジアの古代史に大きな成果をもたらしたそうで、韓国の新聞社のWeb版はその功績を「天皇百済人の子孫である事を明らかにした」と紹介していました。相変わらず敬称略だな。マッタク。
まあ、彼らにとっては自分達の優位性を確認し、中国麾下の兄弟国の兄の立場を補強する研究成果に見えるのでしょう。
アレ、だとすると、併合した事も正当化されるんじゃね? 彼の地を追われた王朝が、かつての自分達の土地と臣民を取り返しただけですよね。
時が流れ、強国のくびきから逃れも出来ず内輪揉めを繰り返し、国民を貧しいママに置き苦しめる、そんな祖国? の惨状を哀れみ、先に近大化をとげた「弟」が、苦心惨憺して強国連中を斥け、栄華をもたらす。一大浪漫小説ですよ。まあ、その後主人公は道を誤り、傲慢に捉われ、残虐な王として滅んで行く訳ですが。
歴史というのは、まあ、そういうものだ。見方によって様々な姿を見せる。大切なのは、どれも一面の真実であるという事。多様な視点を忘れた処に進歩はない。