読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国国民の意志は何処に

 正月早々の韓国大喜利は面白かったが飽きてきた。最後に、韓国の国民はどう考えているのだろう。声の大きな国民ではなく、普通の国民は? 慰安婦のファンタジーを心底信じているのだろうか? 中国と連携して北朝鮮を取り込みつつ自由経済と民主主義を基盤とした社会を維持していけると思っているのだろうか? パックスチャイナの枠組みの中で生きていくという覚悟を決めているのだろうか?

 おそらく韓国の新政権は合意を破棄し10億を突き返してくるだろう。この時、安倍首相はどうするつもりなのか? 慰安婦のファンタジーを声高に喧伝し、河野談話にある広義の強制性の認識を正すつもりではないのか? 韓国は「実質的な河野談話の破棄」というリスクを冒していることを理解すべきだ。日本国内の同情的な世論が失せつつある。これは安倍政権にとってもリスクの高い賭けではあるが、アメリカにいるのがオバマではなくトランプというのがチャンスにはなろう。

 それにしても、韓国がこれほど愚かとは思わなかった。あの合意がどのように作用するか読めなかったのか? このような愚かな国と連携して北朝鮮(と中国)に向き合うのは無理筋という気もする。

 慰安婦問題の道徳性について此処では議論しない。今の韓国と連携することが可能なのか? 現実問題として。私は難しいと思う。トランプを大統領に押し上げたのと同種の、回りの速い、単純な毒がネットを中心に蔓延しているからだ。コレは韓国も日本も同じ。毒に浸った世論は長期的な、数十年単位での実利を選択出来まい。何せ選挙があるからなぁ。この状況では民主主義の欠点が大きく出る。

 米中、ロシアも入れて、国際関係は戦後これまで観たことの無い新しい局面に入っていく。道義を振りかざすのも結構だが、国が生き残る事が優先だろう。その過程で韓国を切り捨てることも視野に入れるべきだ。

 まったくもう、使えないヤツラだ。(ま、日本もそう思われてるかもしれないが、、)