読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の憲法には本質的な矛盾がある

だれも真面目に論じないが、というか、気付かない振りをしているが、日本国憲法には本質的な、論理的破綻が内包されている。前文を見てみよう。有名な一文「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

さて「平和を愛する諸国民の公正と信義」が信頼出来ない、当てに出来ない場合、どうするんですかね。

第二次世界大戦の直後、凄惨な戦争被害を目の当たりにして、この血を吐く様な決意は表明された。絶対普遍の公正と信義があると信じて、信じ抜いて、戦争を放棄した。従って、信頼出来ない、当てに出来ない事態が出来した場合は、滅ぼされることも厭わず。憲法9条の意義は其処にある。

9条信者は、卑怯なことに、其処までの覚悟を表明することはしない。支持が得られない事を知っているからだ。残念なことに、ただの一度も平和を愛する諸国民の公正と信義が信頼出来たコトはなく、日本人の大勢が、そのコトを知っている。

日本国憲法は、その基本的理念が絵空事であり、空論に立脚していることを、当の日本人が認識している、という点において、矛盾しているのだ。