読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学者の限界

憲法学者のずるいところは、憲法違反です、とは言うが、これが日本国憲法の限界であり改憲すべきです、とは言わないことだ。

では、どうするのか? という問いに対して彼らは決して答えない。そのような事態に対処する場合には改憲が必要です。せいぜいそこまで。

え~っと、現実的に改憲できない場合はどうすれば宜しいのでしょうか?

それは政治の問題です。

じゃあ、政治が片付けるよ、黙ってろ、となっちゃったのが今の状況。

憲法の課題、矛盾、問題点をきちんと国民に説明するのも学者の務めだろうに、これを放棄してきておいて、現実が想定を越えつつある今の段になっても論理の整合性にとらわれている。だから彼らの意見は広く国民に受け入れられないだろう。角を矯めて何とやら、憲法を研究して解釈改憲を招いた罪は、一等彼らにあるのだ。