読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所にて朝日新聞の方に

原発問題にてお話を伺う。

感想

寄って立つ、立ち位置が違う。

社会正義、成熟した市民社会に反する存在として、原発の周辺状況を含めて反対意見を提示されている。もちろん、原発をどんどん増やせとかバラ色のエネルギー問題解決策とは言わないが、それなりに合理性のある、良い技術だと思っている側からすると、これは噛み合わないな、と。で、噛み合わないなりに、どちらが勝つかという話で、まあ、推進側が負けることは無いだろう。

原発より危険なもの一杯あるのになあ、何故、彼らはそういうものに反対しないのだろう、という普段からの疑問に答えを得た。

彼らは危険だから反対しているのではない。社会正義に反すると思っているから反対しているのだ。逆から見ればどんなに危険な技術でも、それを彼らが望むような形で社会が受け入れれば反対はしない、ということが理解できた。