読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

被災地に千羽鶴は必要か?

不必要だが拒むまでのものでは無い。祈りの想いは受け止め、鶴はゴミ箱へ片付ければ良い。また、普通の日々へ、辛いことを乗り越えて、静かに立ち上がる。その時、一瞬だけ視界の片隅に在れば良い。
時は流れる。